2014-01-27

関東東北デッキデス

 関東のカラーであるデッキ破棄を中心にしたデッキです。
 デッキデスの、デッキです…ふふっ♪
 あと、せっかく関東のプレイヤーなんだから関東軸で組まない手はないだろう、と。

 ~以下デッキレシピ~

RB:櫛井 星華

  関東…36枚
4 川崎 あくあ
4 鹿沼 さつき
4 羽枝 久香
4 箱根 悠
4 深谷 祢宜
4 一色 ほのか
4 千華 かごめ
4 井の頭 風
4 幸せの泣き声

  東北…14枚
4 保島 春
4 石乃 真希
4 荻の月
2 ギガハンド陽子

 ~  ~

 基本的には守りの姿勢。
 開始時にセットするプレイス6枚、初手6枚、開始時ドローまでで最低でも14枚は削れている訳ですから普通ならデッキ枚数35、36枚スタートになります。(北信越を除く)
 RBでのドロー加速、さつき、風の能力によって最速7~8ターンで相手のデッキを焼き切ることができます。(PLや幸せの泣き声が絡めばもっと早いですが)
 相手のデッキを削りきるのに場を固め、バトル終了とキャラ登場ののPL各8枚、タップのPL4枚を含めてしっかり相手の攻勢を凌いでいきましょう。

 回していて気付いたのですが、デッキデスでの勝利を目指す場合は無理に相手のプレイスを叩かなくても良いことから相手のPL能力によるアドバンテージ、バハムートやほげーのスペック向上なども同時に阻害できていました。
 あと、相手のデッキに音々ちゃんが入っているとPL能力の成功率が上がりそう。
スポンサーサイト

2014-01-21

ヒロプレ始めました

――うさだは祢夢・フレイザー・伯壱様がストライクゾーンど真ん中だったので北信越を軸にデッキを組もうと決心したのであった。――

 あけまして、うさだです。
 周りのTCG勢がこぞって始めているヒロプレ。乗るしかねぇ、この(ry
 というわけで、初見で〝様〟呼び安定であった姫オーラ爆発な祢夢様を有する北信越デッキでヒロプレデビューしました。

 ~以下レシピ~

  北信越…56枚
4 袮夢・フレイザー・伯壱
4 佐渡島 シャルロッテ (ルールブレイカー)
4 東川 久美
4 万代 茉莉耶
4 善光 みぬち
4 分水 つばめ
4 滑川 ほたる
4 松本 あずさ
4 奈良井 しずめ
4 リーリエ・ヴァイスベルガー
4 千蔵 つばさ
4 乾杯
4 牛に引かれて善光寺参り
4 堕天の光

  東北…14枚
4 石乃 真希
4 美奈お姉さん
3 三瓶 夢希
3 荻の月

 ~  ~

 北信越はタップや手札消費ではなくデッキ破棄をコストとしてハンドキープしつつ展開していくスタイルのデッキです。「滑川 ほたる」や「乾杯」を活用して素早くキャラを並べて一気に盤面を制圧していきます。そしてRB能力で「デッキを70枚で構築」し、CH能力やPL能力でデッキ破棄分を補うというデザインが分かりやすくて良いですね。遊戯王OCGのライトロードっぽいデッキなんですかね。(現状、落ちモノは無いですが)展開力が高いのに加えて軽いキャラが手札消費せずに強化できるので相手の攻撃、防御を躊躇わせられるのも心強い。
 もちろん後先考えずに掘っていけばデッキアウトするのでしっかりと祢夢様を抱えておきます。
 今回は事故を起こしにくい全国コストで登場できる優秀なキャラやタップイベントを有する東北をタッチの地域としてセレクトしました。東北のカードは埋まっていても強いPL能力がありタッチで組み込みやすい地域だと思います。基本的には手札に入った東北コストは全国として使うより「荻の月」を撃つ時の為に握っておきます。そもそも北信越には全国コストがかかるカード1種類しかないですが。
 デッキ枚数が多いというのは長短併せ持った特徴で、長所はまずは前述の通りデッキ破棄をコストとするカードとの相性が良いことです。更に勝敗条件の一つであるデッキアウトによる敗北の恐れは北信越にはほとんど無くなります。
 もう一つの長所として、他地域をタッチで組み込む場合には絶対的に枚数を確保でき、相対的にメインカラーである北信越を阻害しないところだと思います。まぁほとんどの場合タッチの地域は全国コストとして切ることになりますが…。
 対して一番の短所はキーカードを手札に引き込む確立が低いところです。特に北信越で中心になる「ほたる」、「乾杯」を引けないと展開がとても厳しくなります。なので初手にキーカードがどちらも無い場合はさっさとRB能力でマリガンします。
 
 未だにプレイ回数も他地域の知識も足りておらず、現状ほぼ机上の空論なのですが中々楽しい回り方をするデッキに仕上がったと思います。実際に使ってみると5~6割程度の勝率にはなってましたし。
 今後は余裕があれば関東か山陰を絡めたデッキを組んでみたいですね。
 3月の新段に思いを馳せつつヒロプレイヤーとして頑張っていきます。

 あけまして、うさだでした。