--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-30

リコッタ単 Ver.2014秋

まずは…
akane

龍造寺 茜
全色EX2
コスト:星星星
配置:12346
スペック:4/3/1
ブースト:味方キャラの数だけ星を支払う
サイドステップ:0
ボーナス:相手のデッキを2枚破棄する
鍛錬 [0]
味方キャラ一体を破棄する。自分のデッキから1枚ドローする。相手のデッキを2枚破棄する。(1ターンに1回まで使用可能)
※構築制限:Version Ricotta(RIC)

…来月の定期大会の参加賞の茜。
 晴れてワルロマのヒロインは全員ピンク文字つきましたね。ようやくブーストを得た茜ちゃんですが、相変わらず横にしか動けません。能力は盤面整理をしつつドローしてバーン飛ばせる、しかもバトル中でも使用可能なドヤ顔系能力の上位互換。限築がつくとこんなテキストになるんですね。往復でしゃべれるので攻めにも受けにも運用できます。
 使用場面としては滑り込みパンチ、一方ダウン回避などですかね。とは言えリコッタはキャラが軽いわけではないので頻繁に起動できる能力ではないかな、とも思います。このキャラ自身が軽量なので殴ってからのおかわりや、能力使用後のノエルや有馬 一心をどかす、っていう使い方がベターなのかな。

 結局構築は変わらなかったものの、若干プレイングが変わったのでそこを踏まえての今の形。配分、採用枠は間違いなく今後変動していきます。まあ、リコッタ単の差異はイベントの採用枚数ぐらいしかないかな、と思うけど。

4投
 龍造寺 茜(鍛錬)
 希咲 美桜(カウンター)
 リサ・エオストレ(必殺の突き)
 スィーリア・クマーニ・エイントリー(羽落とし)
 ノエル・マーレス・アスコット(勝負師の才覚)
 シャルロット=ヘイゼルリンク(留学生)
 鳳条院 聖華(社交部代表) 
 シルヴィア=ファン・ホッセン(形見のペンダント)
 藤倉 優(忠誠心)
 竹園 エリカ
 有馬 一心
 アルフレッド
 大会宣言
 優雅な登校風景
 舞踏会
 
 搦め手は取らず、純粋にゴリ押しするだけの脳筋構築です。高打点のキャラを並べて殴るだけなので、解説の余地はないでしょう(ぇ 直接打点もさることながら間接打点もかなり豊富であり打点速度はオーガストに比肩しうるものがあります。全色EX2が9種類36枚も入っていて、必要な色が花と宙だけなのでコスト噛み合わないことはほぼあり得ないのも強みです。
 理想的な動きとしてはシャルとアルフレッドが並んでいる状態でシャルを対象に鍛錬使用してアルフレッドで回収→出し直し。ここにシルヴィアが出ているならシャルはエスケープ(シルヴィアで2点)、アルフレッドに鍛錬で1ドローと2点→シャル再登場でデッキから一枚サーチしつつアルフレッドも再登場、とDFから打点を飛ばしつつ盤面再構築の動きができます。

 15種各4デッキなので配分や採用数に関しては割愛。カードプールが狭くて枚数を散らしてまで入れたいカードがなかったのと確実に握りたいカードが多いということなどからこの構築になっています。イベントのワルロマにキャントリップあれば4積んで他のところ散らしてたんですが、手札が増えにくいこのデッキでは使うほどの余裕が出来ないのでそこも切りました。キャラ被り怖い。

 プロポーズや決意は握っていなければいけない都合上、上記の通り手札を増やしにくいこのデッキでは攻めのテンポが崩れてしまうので不採用となりました。EXもきついしの。茜が入ったので盤面整理を兼ねて差していた寝顔も抜けました。役割は少々異なっていますが9月参加賞の柊木 綾子も同様に抜けました。

まとめ:清々しい程の脳筋デッキに仕上がりました。使用者が少ないデッキなのでこれを機に増えるといいなぁ
スポンサーサイト

2014-09-30

HOOKSOFT単 Ver.2014秋

まずは…
sumire

彩咲 すみれ
全色EX2
コスト:星
配置:123456
スペック:3/2/2
ラブレター [0]
自ターン中に使用する。
このキャラを破棄する。自分のデッキの内容を見て、キャラ2体までを選び、横に置く。デッキをシャッフルする。そのキャラを使用代償を支払わずに空き味方フィールドに登場する。そのキャラは[アグレッシブ]を得る。ターン終了時まで自分の[ラブレター]は処理されない。
※構築制限:Version Hooksoft(HK)

…来月のメーカー対抗公認大会参加賞のすみれ。
 デッキから任意のキャラ2体を無償で引っ張ってきてアグレッシブまで付与するトンデモ能力。全配置でコストも軽く、今までのHK限構枠のカードとは…、ってテキストですね。露骨にテコ入れを図ってきたキャラ、って印象です。このカードの登場で一躍HOOK単もトップ入り、とはいかないまでもかなり回しやすくなると思います。キャラ能力なのでイベントカウンターなどにはひっかからない代わりに、独電波や空転あやめといった登場カウンター、意趣返しなんかには止められてしまうので、今の環境では一長一短といったとこでしょうか
 主なサーチ先としては、やはりファッティになるでしょう。HKの大型キャラと言えば愛姫ですね。1.0、2.0のどちらを喚んできても高い打点を叩き出してくれるのでほぼ確定で1体は愛姫になるでしょう。ワンチャンプレゼントパックプロモの方をピン差ししておいて相手のガン展開を吹き散らすなんてことをを狙ってみるのも…(ないか もう一方はその時の手札と相談になりますが、継花 三澄か仁科 綾花、一条 葵といった3~4コスト帯の優良キャラになりますね。特に搭載枚数を抑えたい愛姫、確実に引き入れたい綾花に繋げられるのがうれしいですね。

 単純に新規すみれを差して配分をいじっただけのHOOK単です。これから大きく変更することはないと思いますが、1枚2枚差し替わることはあるかも?

4投
 彩咲 すみれ
 仁科 綾花
 日和 橙子(緊張がとけるおまじない)
 高坂 姫子(ドジっ子携帯電話)
 島津 若菜(文武両道)
 継花 三澄(学園の女神)
 氷庫(お約束好き)
 木倉 汐路(ツンクール系美少女)
 一条 葵
 海老塚 信乃(鉄拳制裁)
 心のアルバム
3投
 前園・クラリッサ・皐
 参宮 由芽
 読丸 千代里(遅刻2級)
 アイノ・テア・クーヴルール
 焼却
1投
 八束 愛姫(八束流剣術)

 日濃い目のビート型です。序盤はアグレッシブ持ち(または付与した)キャラを並べて、一気に畳み掛けます。中盤~終盤にかけてはダッシュ持ちの日キャラや宙キャラで相手を圧倒しながらのビート、または自由奔放からの穴空けクロックで打点を入れていきます。盤面整理手段がないので何も考えず展開していくとあっさり埋まっていることもしばしば…

 4枚投入枠は必須限築組を各4が確定。攻守両面で起点たり得る葵と信乃、相手攻撃時の動きを制限する汐路も4枚採用してます。
 3枚枠は本当なら4枚欲しかったけど止む無く削ったところ。千代里はEXの関係で4は積みたくなかったので3。芽衣は信乃で回収できることから3(信乃が4投なのも同じ理由)。アイノちゃんは使っていて出す機会が少なかったことから減らしたけど今後増やしそうな気がしてる。皐、焼却はメタ枠なので3(※やりたいコンボがあるけど滅多に決まらないので期待を込めての3なのです)。
 1枚枠は前述の通りすみれ頼みの愛姫。こちらの愛姫は手札に入った場合にもブーストとアルバムから出せてEXも2あるのであまり困らないかな、とヒヨったチョイスです。

 (※先行初手で一番やりたい動きは…[○芽衣コストからすみれ登場→○能力起動でから愛姫、信乃喚んで9点→○信乃能力で回収した芽衣を心のアルバムをコストに登場して能力で愛姫起こしてもう5点→○焼却でゴミ箱焼いてワンドロー→皐登場いてターンエンド→○相手の第一アクション対応でガーデニングクラブ宣言]…です。結果は14点入れて相手のフル展開を強いて手札とゴミ箱を涸らす、と地味ながらもされたらいやな展開になると思います。はい、それだけ)

 ハプニング、らっこさんラストランニングは使用状況が限られているし、消費のわりに見返りが微妙な気がしたので不採用です。
 雪多めにしてコントロール&バーンする型も強いですが肌に合わないので日寄せの構築にしてあります。言うてもやってることは劣化日単と言われても差し支えないものなんですよね…

まとめ:今回の参加賞すみれでHOOK単は大幅に強くなったので、使用者が増えるといいですね(希望)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。