--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-30

きょうのいちまい!

 先週は変則勤務だったことを忘れて更新できなかったので今週はコンボで運用するカードをセットで紹介します。きょうのいちまい! なのに週ごとだし、1枚じゃないし、もう何が何だか…(汗

ch_3831K_l.jpg
宇佐美沙織
EX:月2
コスト:月月
配置:1245
スペック:2/2/2
オーダーステップ [0]
アンブラ
自分のゴミ箱のカード1枚をキャラ「イドロイド」として、空き味方フィールドに登場する。(1ターンに1回まで使用可能)

イドロイド AP/2DP1/SP1/EX/0
属性月/使用代償:[0]/フィールド制限123456/性別:無
[ペナルティ:相手のデッキを1枚破棄する]
※このキャラは別番号の同名キャラとは別に4枚までデッキに入れることができる。

 カミカゼのひんぬー枠()の沙織先輩です。叱られたい。
 能力はゴミ箱から任意のカードをキャラとして自分の場に登場させるというもの。チャンプブロックはもちろん、他のカードと組み合わて手札に回収もできます。
 悪いこと出来そうなロマンある能力ですが、単独で運用するには扱いづらいキャラです。リーティア+活人形や紗音と一緒に使用したいですね。

 …続いて、

ev_0579_l.jpg
イドロイド
EX:月2
コスト:月
このイベントをキャラ「イドロイド」として、空き味方フィールドに登場する。

イドロイド AP/2DP1/SP1/EX/0/属性月/使用代償:[0]/フィールド制限123456/性別:無
[ペナルティ:相手のデッキを1枚破棄する] [エスケープ:味方「宇佐美沙織」1体を未行動状態にする。未行動状態にしたとき、自分のデッキから1枚ドローする。]

 沙織先輩の能力をイベントにしたカードです。上との差異はエスケープの有無のみ。
 基本的な用途は唐突に湧いてきて相手の打点計算を狂わせるぐらいですが、エポナと組み合わせてエスケープドローしつつ沙織をおこすことも限定的ながら可能です。
 やはり単独ではカードパワーが低すぎて実用に堪えません。

 そこでこの2枚+αを用いてのワンキルの提案です。(場を整えるのが厳しすぎるので実用に堪えないロマンデッキです)

☆必要な条件:
①登場ターン制限のないキャラ「宇佐美 沙織」にアイテム「薙刀」(※1)を装備させ、キャラ「三珠 美乃里」(※2)の能力を使用し[デッキボーナス]を付与する。
②手札にイベント「イドロイド」を2枚以上と月コストを持っている。
③ゴミ箱が0枚。
④デッキの枚数が2枚以下。

※1
it_0252_l.jpg

※2
三珠美乃里

…が整っている状況で始動します。

☆ワンキルの流れ:
①沙織でアタック
②イベント「イドロイド」使用→キャラ「イドロイド」エスケープで沙織が起きて1ドロー
③沙織でアタック。アイテム「薙刀」の[デッキボーナス]でゴミ箱2枚をボトムへ、「謎の妹」の[デッキボーナス]でワンドロー

 …以降②③を繰り返すことで、君のデッキがなくなるまで殴るのをやめない! のでワンキル達成です。ね、簡単でしょ? ほとんど月単で組めるので構築の難易度は低めだと思います。一応、冬芽探しや輸血パックを併用することで若干ながら条件を緩和することができますが、ほぼ誤差なので割愛。


 …というわけで今回はカードとギミックの紹介でした。来週はちゃんと、きょうのいちまい! できるようにします。
 ではまたノシ
スポンサーサイト

2015-10-16

きょうのいちまい!

 こんしゅうのいちまい!は先週に引き続きういんどみる様から紹介。ういんどみる三銃士の一員としてアピールしとくスタイル。

ch_5083_l.jpg
鈴枝 小町
花EX2
コスト:花星星
配置:12346
スペック:3/2/3
サポーター [花花]
デッキボーナス 自分のゴミ箱のカードをランダムに1枚、持ち主のデッキの一番下に置く。
鈴枝ベーカリー [花]
未行動状態のキャラ全てのうち最もAPの高いキャラ一体を行動済み状態にする。
(1ターンに1回まで使用可能)

 小町さんです。出にけりは未プレイなのでキャラについては触れませんが、優しい笑顔がキュートですね!そのうちプレイしたい。
 花1コストでキャラ一体を寝かせられ、しかも往復で使用できるので攻守両面で活躍の機会があります。狙ったキャラを止められなかったり、相手の場のキャラがAP低いキャラばかりだと使えないなど運用しにくい制限が多いですが、それを踏まえてもとても優秀な能力です。しかも対象を取らない能力なので、対応で盤面から消えたり移動したりした場合には別のキャラを寝かせればロスにもなりません。
 防御の際はAFキャラ一体を寝かせて他2列からの攻撃にはこのキャラを含めた高SPを合わせて止めれば被打点を大幅に軽減でき、攻撃の際は相手のAFからのサポートを減らしたりDFの高APを寝かせて攻撃を通せる列を作ったりもできます。
 大体の場合はAP4のキャラを寝かせることになります。なので花単では藤林杏など、ういんどみる単では莉々子、梨桜、サルサなどが盤面に立っている時は使用タイミングに注意がいりますね。どちらも退場させる手段が豊富なので、サポートカードの面でもそれぞれのデッキとの相性は良いです。
 相手次第ではこのキャラが登場しているかいないかで戦況が大きく変わることもあり、割と冗談じゃなくどみる単で最重要キャラなんじゃないかとも思います。

 …とまあ、こんなとこでノシ

P.S.
 ※Lyceeのカード画像のストックが少ないので、もし画像を提供してくださる方がいらっしゃればお願いしたいです。画像を投げてもらえればそのカードの紹介や考察もしっかりするので、協力お願いします!

2015-10-09

きょうのいちまい!

 こんしゅうのいちまい!は最も愛すべきメーカーである「ういんどみる」様からこのいちまいです。

ch_2137K_l.jpg
シェリー・メイクラフト
日EX2
コスト:日日星
配置:1235
スペック:4/1/2
ペナルティ 自分のデッキを1枚破棄する。自分のデッキから1枚ドローする。
お茶目セクシー
相手ターン開始時、このキャラを空き味方フィールドに移動することができる。移動したとき、このキャラを未行動状態にする。

 シェリーママです。お茶目セクシーとはこの人の性質を言い表すのに最適な表現だと思います。ほんとお茶目セクシー。
 能力は自ターンでアタックやサポートをするなりして行動済みになっていても相手ターン開始時に移動して起きるという強力なものです。どちらかというと防御的な能力ですね。
 単体で運用する場合はサポートしたり相打ち狙いでDFで構えたりってところでしょう。日絡みで薄くなりがちなSPを足せるところが有用だと思います。
 ただどちらかというと、やはり他のカードとの組み合わせによって真価を発揮するキャラです。特に夏海 唯(ダイダロス)とのシナジーには目を見張るものがあります。ダッシュ、ジャンプを得た上で自ターンには打点を稼ぎつつ相手ターン中にはしっかり一列睨みを利かせられるエースになり得ます。更に浜千鳥を装備していれば最強クラスのブロッカーになります。あとは今となっては懐かしのリリアン先生ともシナジーがあります。
 見返してみると日にはアンコモンは有力なカードが多かったんですよね。まあ、それ以上に観鈴や馬袋や羊なんかに手が出せなくて触ってこなかった色なんですけど。
 あと、この自傷しながらもちゃっかりドローするというペナルティっぽいけどペナルティになりきれていない感じのペナルティ(謎)も個人的には好みです。

 今回は自分ではほとんど使用したことのないカードのピックアップでした。
 ではまた、ノシ

P.S.
 ※Lyceeのカード画像のストックが少ないので、もし画像を提供してくださる方がいらっしゃればお願いしたいです。画像を投げてもらえればそのカードの紹介や考察もしっかりするので、協力お願いします!

2015-10-02

きょうのいちまい!

 はい、今週のきょうのいちまい!のコーナーです。
 最近はこれと大会レポばっかりなので、そろそろデッキ紹介とか他のコンテンツにも触れていこうかとかとか。

で、今回は…

ev_0660_l.jpg
無人島
全色EX1
コスト:星
このターン中、バトルの結果、自分のデッキが受けたダメージが合計8枚以上の間に使用する。
ターン終了時まで、バトルの結果、自分のデッキは破棄されない。


 ビキニのメリロットさんのイラストが目を引くイベントです。
 使用するタイミングが限られているものの使用できれば相手の打点計算を狂わせられる強力な効果です。と、言ってもすでに8点素通ししている状況なんですがね。
 比較対象としてはEV-0773「添い寝」(画像データゆるぼ)があります。そっちは使用タイミングを問わずバトルダメージをカットできますが、使用代償が月4コストと色の要求が重いので採用されうるデッキはかなり限られます。その点でこのカードはEX、使用代償ともに通常構築ならばデッキを選ばず採用できます。
 主に、滑り込みやアンタップで連続攻撃をしてくる日花などの高速ビートダウン、宙花などのワンショット、限定構築ならば一発ずつが重い上にトラットリアとノーヴァスを擁するオーガストあたりに合わせるのが有効だと思います。
 EXやコストの面でも、やはりみここ(概念)デッキとの相性が良好です。このカードで1ターン稼いだ場合、その間に与えられるダメージ量が多いので逆境を捲れるということもあり、効果の面でもやはり好相性です。
 このカードをピン挿ししておいたおかげで勝てた試合もあったので割と評価してるんですが、いかんせん枠を割いて数を積めるようなカードでもないので使用率、採用率とも低いです。環境にオーガストが少なくなったのでこのカードを積んでおく旨みも薄くなっていますしね。
 まあ一応、どんなデッキに入っていてもワンチャン掴むことができるカードなのでみなさんも採用を検討してみてはいかがでしょうか?

 …こんなところで、ノシ

 ※11/14開催が確定した第8回えんぴつ杯チーム戦に参戦します!全国のういんどいる単使用者でも十指に入るであろう実力者がそろった「ういんどみる三銃士」の活躍をとくと見よ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。