--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-29

こんしゅうのいちまい!

 ごきげんよう。寒さに負けずこんしゅうのいちまい!です。

山田妙子


 赤髪ロングでシャープな印象。要素は好み、だが♂だ。
 全配置で殴り負けしにくいスペックで3つの便利な基本能力を持ち、宙では貴重な盤面整理能力もあります。バトル中限定、このキャラと同列、AP2以上の味方キャラという制限はありますが1ハンドでコンスタントにバウンスできるのはとても優秀だと思います。
 運用方法としては殴ったキャラをどかして追加打点を入れたり、キャッチしたキャラを戻してダウンを回避したり、がメインになるでしょう。手札確保の手段がしっかりしていれば打点レースで大幅に有利になります。手札さえあれば滑り込みから一気に打点を伸ばせますね。ビッグマムもいれば更に…?
 ほかにはCIP能力や使い切り能力を持ったキャラを使い回すこともできます。カトレアや扇先生など仕事を終えたキャラを退場させられます。
 などなど宙絡みにおいては還元できなくなった手札を投げつける先としては最有力候補ですね。
 るー型とは特に相性が良く、本人が動けて高雄椿さんの再利用もできて出しなおしで攻撃の回数も増やせて…と八面六臂の大活躍です。
 しかし、最初に触れたとおり♂なのでニャンニャンされたりメイクアップしたりワンドもがれたりします(

 …といったところで、寒いし簡素に。あと、男の娘は許容します。
 ではまたノシ
スポンサーサイト

2016-01-22

こんしゅうのいちまい!

 今回のこんしゅうのいちまい! は現在うさだが入れ込んでいるスマホゲーの「Fate/Grand Order」で開催中のイベントに合わせて紹介します!あと、しれっと「こんしゅうの」にしました。
 シナリオもさることながら、育成要素や収集要素も多分に含んだ課金欲をくすぐる良いゲームですよ(

対魔力セイバー

腹ぺこセイバー

おかわりセイバー

おかわりセイバー

黒セイバー


 考察しやすそうなアルトリアを集めました。上から順に取り上げていきます。
 まずは対魔力セイバーさん。配置、EX、コストと運用しにくい要素が多いですが、一度盤面に立てられれば処理されにくい宙のパンチャーです。対象をとる除去にはめっぽう強いですが、不幸や式守伊吹、苦痛などで付与されるペナルティやゲームセットに対しては対抗できません。あとはコントロール相手にこのキャラだけ除去耐性があっても中央DF固められたら攻撃通らないですしね…。
 登場当時は強かったけど時流についてこられなかった系セイバー、って印象かな?

 続いて腹ぺこセイバーさん。属性に合わせたスペックに変わってます。全配置で更に出しやすいコストだが、EXは1…。能力を使用すると手札から破棄したキャラの基本能力を得られます。状況に合わせて能力を付け替えられますが、いかんせん手札効率が悪いです。付いたまま失われなかったり破棄する枚数に上限が無かったらすごく強いんですけど、一気に壊れ性能になってしまいますね。
 使用シーンが見つけられずにフラフラしている迷子系セイバー、って印象です。

 次はおかわりセイバーさん。ステップを得て配置も広くなりコストも扱いやすくなったが、相変わらずEXは1。能力は使用するたびにコストが重くなっていくアンタップ能力です。取り除く、っていう要求が厳しくて1~2回目まではなんとかなっても3回目以降の使用はあまり現実的ではないです。それでも還元手段がなくなった宙単ではなんとか回数こなせそうにも思えますかね。地味にイベントの「おかわり」もカウントされそうですが、2枚が共存するデッキはないでしょう(
 コストが家計にシビアに響くけど仕事して取り戻す系セイバー、って印象でした。

 次は約束された勝利の剣セイバーさん。(長い ブーストも得て遂にEX2に!能力はコストも効果範囲も大味の一発使い切り列除去能力。このコスト要求するならオーダー吹き飛ばす勢いでもよかったかな、とかとか文句は尽きない感じです。この手の能力にT必要なのはなんか初期のカードって感じがしませんか?
 生まれた時代が違えば評価が違っただろうに…系セイバー、って印象です。

 締めは黒セイバーさん。コストは多少扱いやすくなって配置と移動能力がしょっぱいけど、EXは2です!(もういい テキストがわけ分からんことになっていますが、要は登場時に自分のゴミ箱から除外したセイバー1人につきボーナスが5つまで付与される、って能力で通しても受けても5点確約し得る強力なアタッカーですね。混色でも運用しやすいので花キャラでSP利かせつつ打点を通していくデザインに見えます。ただし、このキャラの真価を発揮するには登場するまでにセイバーを5枚ゴミ箱に貯めないといけないということをお忘れなく…。
 シンプルに見えるけどやっぱりセイバーは扱いが難しいことを認識させる系セイバー、ということで。

 我がカルデアには青とか黒はいません(サンタオルタはノーカン)。アルトリア顔ピックアップはよ(
 こんなところで、ノシ

2016-01-15

ひーろはい!

 きょうのいちまい! は休載です。
 1/11に開催された2016緋色杯1stに参加してきました。今回は参加者が昨年の半分となりましたが、23人参加となかなかの盛況ぶりでしたね。
 金曜日に新しいデッキを組もうとしたらパーツ足りてなくて断念。結局いつものどみる単で参戦しました。
 …ってことで簡易レポ。

・日花 ×
 初手が振るわない上に相手が最初から立ててた袁術とムードメーカー翠が辛すぎて展開が渋いままゲームが進み、なんとか盤面出来た時にはデッキ10枚くらいしかない。

・YUZ ×
 先攻取ってキャラ並べてドローして殴って、と滑り出しは好調だったけど佐奈出てきてからは一方的に殴り負ける状態になってしまい、さらにダメ押しで合気道張られたところで投了。

・1Kill内臓の雪月
 赤カリーナと小雪で序盤からしっかり打点を押し込めて手札も抱えられる良い動きができていたけど、3ターン目くらいに相手がループ成立させてきてなす術なく敗北。ドロー過多と除去警戒で異次元物体を握っておいたのが結果として仇となりました。

・日単アイテム
 バーン込みで打点先攻されていて、最終ターンにイチャラブ連打で射程圏内だったけどすでにデッキ枚数は2枚まで減っていました。最後のワンパン入れようとしたら高見商店オーバーコストにクロード切られて惜しくも敗北。

・不 戦 勝
 会場内ウロウロしてた。

 新年のっけから1-4(実質0-4)決めるという出だし絶不調の緋色杯となりました。戦績としてはこんなだけど、フリープレイやキューブドラフトでは勝ち越しましたよ(
 ゴールデンウィークに次回緋色杯の開催を見据えてるようです。未確定ですが2月にはえんぴつ杯も予定されているようなので、そちらも楽しみにカードをいじくっていこうと考えています。
 最近はやりのキューブドラフトもまた折を見てどっかでやりたいです。5~6人くらいはキューブ作ってるのを把握しているので、うまく都合があったら混ぜてもらおうか、とかとか。うさだキューブも鋭意作成中ですので完成したら人集めて遊びたいですね。

 …ってな感じで、ではまたノシ

2016-01-08

きょうのいちまい!

 2016年一発目のきょうのいちまい! はやっぱりういんどみる様からの紹介です。
 あと、今まではいちいちカード詳細書いてたけどめんどくさいので今回からは無しにしてみます。

ch_5081A_l.jpg


ch_5397_l.jpg

水澄&えくれあ


 3枚まとめて水澄&えくれあです。魔女庭ではこの2人推しです!
 水澄さんはフリータイミングでデッキからえくれあを呼び出す単純で強力な能力。手札1枚で3コストキャラを登場させられるのでなかなかのパフォーマンスです。フライングディスクのように突如登場してブロックしたり、僅かながらSPを足したりもできますね。
 えくれあは2種類存在していますが専ら採用されるのはマジックワンドの方だと思うので、えくれあコレダーの方は割愛( こちらは登場時に男性キャラ1体を機能不全にする能力です。お前のワンドもぐぞ、ってことですね。限定構築では男性キャラが多めなので活躍の場はけっこうあります。
 そしてWコンバージョンの水澄&えくれあは自身の立ち位置によって得る能力が変わるドロソ兼エースアタッカーです。中央DFから左右へSP利かせつつドローする、イチャラブで連続アタック叩き込むといった攻守の要たる重要なキャラです。通常構築でも、マリカス(チューンナップ)に対応している花月EX2のコストフィルターとして採用されています。
 一番うまい流れとしては、水澄からえくれあ呼んできて移動能力持ちのキャラを立たせておいて次の自ターンでえくれあアタックからコンバージョンして他キャラが滑り込んでアタックしたところにサポートしてドロー、です。少ない手札消費で強力なキャラを立たせられるところがこの二人の一番の強みですね。

 …こんな感じで今年も細々とリセラーを続けていこうと思います。個人開催大会や店舗大会が残っているところなど、積極的に参加していこうとも思っています。キューブドラフトやブースタードラフトなんかも機会があればやりたいです。
 ではこんなところで、ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。