--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-24

週刊リセ! オリカデッキ~セイバーウォーズ~

 シャドウバースのおかげでオリカ制作もろもろ停滞気味です!
 切り抜きなどの実作業はなんとかなっても、強すぎず弱すぎずというテキスト考えるのが難しい…。
 ということで、けっこう前からVer1.0は出来上がってて、調整を経て練り上がってきたオリカを紹介します(紙幅の関係でデッキの根幹であるカード数枚だけですが)。完成までの経過はめんどくさいので省略します。

青セイバー
 単体で5/5のステータスとボーナス1点の4コストキャラで、戦線を支える強力なキャラに仕上がったと思います。数値もボーナスもセイバーが増えるほどパワーアップします。限築でも通常でも役割が持てるようにしました。

白セイバー
 こちらは3/3/3サポーター持ちでコスト発生能力を持った限定構築キャラ。何にでも使用できる宙コストを表裏で出せます。自身のサポーターなど発揮できる機会は多めにしたつもりです。

謎のヒロインX
 対象は取らず、無限宣言できる「セイバー」、「アルトリア」限定の鍛錬。このカード自身が同姓同名扱い表記なので、自身をサクって盤面整理しつつ打点を伸ばします。

最臨セイバー
 アルトリアからなら誰でもコンバージョンできるセイバーです。自分の「セイバー」、「アルトリア」の戦闘性能をブーストします。ちゃんと自身も両方の名称を含んでいるので6/5ボーナス3点デキボ1点のハイスペックキャラです。

 これらのオリカを眺めてて、「こいつらみんな『セイバー』、『アルトリア』だから同時に盤面に揃わないじゃん」と思ったそこのあなた! Exactly(そのとおりでございます)
 そこでこのシナジー、ひいてはデッキコンセプトを成り立たせるために必要なのが…
アルトリアの星
 …このイベント。この効果によって盤面に同姓同名キャラの共存が可能となり、名称参照シナジーを成立させます。しかもセイバー全体のコストを軽減できるので展開もスムーズになります。
 オーガストのムーンライト、nitro+のカミアソビなんかから発想しました。
 先に紹介した青セイバーなら10/10ボナ6の化け物へと変貌し、白セイバーからは宙2コストが発生し、ヒロインXと真セイバーは能力の適用範囲が広がります。他のカードも名称準拠が多めなので、それらを活かして立ち回るデッキコンセプトです。ただ、「アルトリアの星」を使用できなかったりカウンターされると盤面にキャラが2体までしか湧かず、シナジーも薄いため、なすすべなく散っていきます。そんなハイリスクハイリターンも楽しめるオリカデッキです(小声)。

 今回は絶賛ドハマり中のFGOを、更にその中で行われたイベント「セイバーウォーズ」を元にしたオリカデッキの紹介でした。このイベントに覚えがある人はスペックのインフレという地味な原作再現にも頷いてもらえると思います。
 あとアイデアまで出来てるデッキが2つほどあるので、このデッキも含めて機会があったらみなさん遊んでください。
 …ではこんなとこでノシ

PS:引き続きオリカアイデア募ってます。乞う協力!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。