2016-07-29

絵師単のはなしpart2

 第10回えんぴつ杯お疲れ様でした! 僕は終わり際に顔出しただけなので詳しい結果や規模は知りません。なので今回もサイドイベントの絵師単のデッキについて。
 絵師単開催の報を聞きつけて組み始めて、手元にある絵師単は4つになりました。その中でえんぴつ杯に参戦して使用する予定だったデッキがこちら↓

4枚
 セレニア・ラスムーン
 菅原 里美
 柴門 えくれあ(マジックワンド)
 羽多野 莉々子(西洋剣)
 小日向 すもも
 ミネット(省エネ設計)
 ニナ・リンドベルイ
 緋宮 あやり(魔女)
 柴門 水澄
 チェルシー・アーコット(剣たる少女)
 柴門 水澄&柴門 えくれあ 
 アニエス・ブーランジュ(相棒)
3枚
 天城 桔梗
 黒カリーナ
 桃色イチャLOVE☆ドリンク
2枚
 チェルシー・アーコット(神技)
1枚
 柴門 えくれあ(えくれあコレダー)

 こ~ちゃ先生単です。スタンダードなういんどみる単と同じく花月t宙というカラーリングですね。調整を繰り返してたどり着いた構築で、かなり自信のあるデッキに仕上がりました。
 基本的には軽めにキャラを展開していって理想盤面に必要なキャラと場を整えていくスタイルです。採用カードの役割ごとに紹介していくと…

○セレニア・ラスムーン
 最終盤面構成キャラ。手札を全投げしてまでの展開が厳しいデッキなので、序盤から中盤にはよっぽどじゃなければ登場しません。

○菅原 里美
 最終盤面構成キャラ。最終盤の延命にもなれるのでギリギリのレースをしてる状況では理想盤面以外でも登場します。

○柴門 えくれあ
 展開と戦線維持で最強のパフォーマンスを発揮するキャラ。素出しすることはほぼ無く、水澄の能力で出てきます。絵師単では能力を発揮するシーンは少ないですね。引き込みや打点で落ちることを考慮してワンド4、コレダー1の採用。 

○羽多野 莉々子
 飛び跳ねながら打点と妨害を同時にこなす超優良アタッカーでメイン打点ソースになってくれます。コンスタントにダメージを伸ばせて、単身でも仕事ができるということでデイムメイフィアではなくこちらを採用。

○小日向 すもも
 戦線を維持する軽量キャラ。基本的にはチャンプブロック要員ですが、ダウンしやすいAFキャラにDPを足して落ちるのを防ぐ役割もあります。

○ミネット
 戦線を維持する軽量キャラ。必要なキャラを拾ってくることにも期待しているけど、そんなに都合よくはいかないですね。サポーターの圧力が頼りになります。

○ニナ・リンドベルイ
 戦線を維持する軽量キャラ。チャンプブロック要員ですが、DP1以下の相手に対して睨みをきかせられるのはすもも、ミネットにはない利点ですね。

○緋宮 あやり
 最終盤面構成キャラ。基本能力と特殊能力が優秀で、序盤から置いても盤面が完成したからでも打点を伸ばせるエースカード。

○柴門 水澄
 展開と戦線維持で最強のパフォーマンスを発揮するキャラ。えくれあ呼び出し、固め、ペナルティドローとどのタイミングにあっても大活躍してくれます。

○チェルシー・アーコット
 最優盤面構成キャラ。スペックが優秀でさらにボーナスを持っているので、サポーターを背負うと止まらなくなります。あ、神技の方はコストです。

○柴門 水澄&柴門 えくれあ
 最終盤面構成キャラ。自他ともに認めるこ~ちゃ単最強キャラで、攻守両面で八面六臂の大活躍です。最終的なハンド効率は通常構築においてもトップクラスなのに絵師単で使用できるとかバグでしょ、ってくらいのパワーカード。

○アニエス・ブーランジュ
 アイドル枠()。この構築からはこのキャラ自身からしか日コストが出ないので、2枚引けないと単純に花コストにしかなりません。ただし出れば強い、ハズ。

○天城 桔梗
 動けない、もしくは縦にしか動けないファッティ対策用のキャラ。自身がダウンしにくいスペックで盤面に残ると構成が難しくなるしメタカードなので3枚採用に抑えました。

○黒カリーナ
 初手、もしくは最終盤の詰めで真価を発揮するキャラ。デキボやジャンプを得られるとおトク。4枚積みたいけど枠が厳しいので泣く泣く3枚採用になりました。

○桃色イチャLOVE☆ドリンク
 唯一の盤面整理手段かつ打点を伸ばせるアイテム。役割は多いけれどキャラじゃないのとEX1がひたすら厳しいので3枚採用です。

 …って感じで、最終的な理想盤面は…
 セレニア  チェルシー あやり
 菅原    水澄     ブロッカー
        &えくれあ
 …となります。セレニアと菅原で手札を維持しながら回復してチェルシーとあやりで打点を稼ぐ動きですね。右DFだけは自由枠なのですが、滑り込み警戒でAPが低いすももかミネットがいいでしょう。この形になれば除去があったりショットしてくるデッキ以外にはまず負けないと思います。多分。
 他の構築としては雪村姉妹など雪を採用して筆談を構えられる型、花月で安定させる型なんかになるのでしょう。僕も当初は雪に寄せた構築にしていましたが、なんとももっさりしたデッキになってしまい、強みである筆談も生かしきれなかったので花月に絞ろうと思い至ったのでした。最終的にはサポート込みで止まらない列を作ってしっかりクロック刻むのが強いんじゃないか? ということでボーナスを携えて帰ってきたチェルさんをタッチで採用するこの構築に落ち着きました。個人的にチェルシーの採用を思いついたのは革命的だったと自画自賛したいポイントです。
 やっぱりリミテッドはいいね! 単色構築の時もそうでしたが考える段階から面白く、実際に対戦してみて更に楽しいですね。今後もなるべく絵師単は忍ばせておくので機会があれば遊びましょう!
 …といったところでノシ
スポンサーサイト

2016-07-22

週刊リセ! 絵師単のはなし

 今日はもう一本!
 第10回えんぴつ杯でおこなわれる絵師単構築大会。この日の為に調整して買い揃えたのに、無情にもお仕事入って今いました。無念。
 とりあえず、絵師単は以前から深めたいコンテンツだったのでこれを機に新しく二つほど組んでみました。その内の一つがコレ↓

4枚
 ユキ
 千里 朱音
 明智 光理
 大城 涼雪
 ニコラ・ケフェウス
 天野・アンジェリーヌ・ほたる
 夕月小夜璃
 稲垣 美里
 皆神 さくや
 岩永 翔子
 花鳥 玲愛
 神凪 莉都
 黄昏の先にのぼる明日
3枚
 源 義経
 名凪 星華
2枚
 一生懸命

 オダワラハコネ先生単です。雑に組んだ割に僕の持っている他の絵師単を無慈悲に蹂躙してくれました。
 無理なく黄昏FD組を揃えられて盤面でも有利がつけられる、限築を含めない今回のレギュレーションにおいてもしっかり意識しないといけないデッキですね。色や枚数の散らし方は悩みどころですが、雪月宙のいずれかを軸にタッチでもう一色、という形が収まりが良いと思います。今回は月を軸に薄く宙を混ぜてカトレアを投入し安定性を図る構築にしました。正直、一生懸命はオーバーヒールなので無くてもいいと思います(
 回してみて思ったのはおおよそ安定した動きは取れるのですが、立ち上がりに不安があるくらいでしたね。基本的には全力で掘ってジャコス着地成功したら、さっさと3人を揃えて打点を押し付けていくだけです。ジャコスさえ握れれば一気に盤面を作れるのですが、逆に引けない時の盤面構築が難しく、チャンプ要員を置いて時間を稼ごうとして落としてもらえない、っていう局面が5回に1回くらいあるのでそこが注意点です。
 けっこう構築に幅のある絵師単なので、初心者にもオススメできるデッキだと思います(NPのカトレアから目をそらしつつ)。

 えんぴつ杯は仕事空けてから顔出すくらいは考えているので、もし余裕があったら絵師単で遊びたいと考えてます。その際はよろしくお願いします。あと日曜日の秋葉原ホビステの方にも絵師単を忍ばせていくので合わせて対戦待ってます!
 …ではまたノシ

2016-07-22

週刊リセ! シャドウバース出張版

 なんか面白いネタないか探してて、特にアイデアもふってこなかったのでオリカで繋ぎます(
 ものすごい勢いでユーザー数が伸び、TLも高頻度で侵食してくるシャドウバース。ネームドリセラーも多くがのめり込み、毎日のように戦果をあげていますね。僕は僕で細々とアリサちゃんとエルフ出し入れしてます。
 強引な結びつけとして、LyceeSpecialEdition Ver.Shadowverse1.0とか言っていくつか落とし込んでみました。強いか弱いかは知らん(

 まずは猛威を振るった冥府エルフより「収穫祭」のリセアレンジ。
収穫祭
 ちょうどいい調整も思いつかず、エリアとしてほぼそのままのテキストで、こんな感じ。
 改変を加えるなら「自分の場に1枚まで配置できる」とかコスト☆☆でCIP1ドローとかにするぐらいでしょうか?継続的なドローソースで即時性がなく、VA単ではなんとも扱い辛いデザインに見えます。

 続いては多くのTCGプレイヤーを虜にしてきたであろう「次元の超越」のアレンジ。
次元の超越
 「追加ターンを得る」タイプのテキストって落とし込むの難しいですね。スペルブーストの再現はまんまブーストで。イベントにブースト欄のっける違和感ががが。 コストはEX3だけなら5枚、2だけなら8枚と、実現不可能じゃないラインにしたけど、雑にプリンから打ちそうですねw

 今回の〆はロイヤルで最も信頼を置くスペル「疾風怒濤」でございます。
疾風怒涛
 リセはDP0=破棄ではない以上、こういったテキストはこの改変以外に成立しないのが難しいところです。「バトル中に使用できない」の一文を加えるのがちょうどいいパワーになると思います。そもそもリコッタにこの汎用性の除去を与えるのは脅威なのですが。

 …といったところで、今回のリセ×シャドバオリカはこんな感じ。正直、フォロワーの方はパワー高すぎて上手い落としどころ掴めなかったのもあり、とりあえずスペルとアミュレットのみのアレンジでした。気が向いたらまた作ってこうと思います。
 ではまたノシ

2016-07-19

リセフェスタ熊本&リセ合宿レポート

 7月16~17日にかけて行われたリセ合宿と17日開催のリセフェスタ熊本のレポートです。汁鰤消滅後、初のフェスタということで地元以外からも多くの参加がありましたね。
 合宿には総勢15人が参加し、フェスタには18人参加。初対面の人ともいっぱい交流して対戦しました。

 旅先での美味しいもの食べたとか観光したとかはそこそこに、特に印象深かったのは突如開催された人狼会。そもそも「人狼」ってなんだよ、って人はググッてください( 僕は人の顔と名前を覚えるのが苦手なのですが、このゲームの中で一致させることができました。役職を演じてるのか素なのかの判別が前提だったり、対人メタやリアルヘイトで理不尽に処刑されたり、と混沌としたゲームでしたがトークとロールの絶妙な兼ね合いのおかげで普通に話したり遊んだりするよりも深く濃い交流ができたと思います。提案したミサキーに感謝! 個人主催大会のサイドイベントとかで人狼大会とかやっても面白いんじゃないかと思います。

 熊本2日目はいよいよリセフェスタ熊本! 1週間前に川崎で触って以来、未調整のデッキでの参戦。熊本の環境やプレイヤーについてもほとんど把握できてないので秋葉、川崎環境意識のチューニングで臨みました。
使用デッキ:クロシェット単
・VS雪月花スクルージボタン×
 Ver.関東でやれ1.0。相手の先攻でドロソを展開され、ゲムセ警戒で抑え目の返し。1~2ターン殴ってボタンなどが見えたので一気にデッキを掘って風花をツモりに動くも抱えられませんでした。しばらく打点先攻しつつなぐり合って、意趣返しで抑えられながらもアイナで打線を確保する。その返しにスクルージ、雛乃と並べられて、ようやく握った桜花で吹き飛ばそうと思ったけど焼きたい列を空けられずドロソを除去してターンを凌ぐ。ところが小鳥で意趣返し拾われたので桜花を置けず、そのまま更地にされ続けてクローディアまで着地し、もう1枚意趣返し回収されたところで投了。

・VSCUBE単×
 相手の先攻でほとりからいずみ、さらにみことで殴られる。返しが振るわず風花、紗耶香、このかとか。次の相手ターンに受けた打点をAMSして展開していったけど、美鈴で美奈都を除去されお兄ちゃん追加から大ダメージを叩き込まれ、更にひなこ、ゆあ追加でエンド。その返しに紗耶香からアイナを呼び込み殴ったら紗耶香がクローバーでひなこに返り討ちにされ手札計算が狂ってしまう。しばらく殴り合って、美鈴で風花を焼かれて過去の記憶で琴葉を取られた次のターンでも桜花を握れず投了。

・VSあかべぇ単○
 相手の先攻で皆元 るいエンド。返しにまなみ琴葉紗耶香美奈都このかと並べる。次の相手ターンはEX噛み合わなかったらしくキャラ追加なしで、るいの攻撃を通して落ちたアイナをAMSで回収。次のターンも全列でアタックし、このかを華道した跡地に神奈を立ててこのかおかわりでエンド。次のターンでジャコスから黄昏3人娘が揃って20点回復まで。返しに桜花ツモってさくや、莉都列を焼いて打点を押し込む。次の相手ターンに東条 白雪、さくやと展開されるも、返しに美汐で13点ヘリオスを入れて滑り込みパンチで殴りきる。

・VS日花t意趣返し○
 Ver.関東でやれ2.0。相手の先攻袁術、山野辺エンドに琴葉このかまなみ紗耶香アイナ桜花みたいなクソブッパで返す。戻って袁術が殴ってきてキャッチするとお風呂使用せずダウンし、鈴木お風呂仲内からプロトタイプ制服里伽子に湊で手札抱えつつ打点をもらう。返しに全列殴って里伽子湊列を焼き、さらに追加した神奈には意趣返しされる。そのまま殴り合うもサイズと毎ターン列除去を押し付けてヘリオス込みで焼ききる。

 …ということで2-2でした。コントロール意識の調整をした割に一回しか踏まなかったのは少し拍子抜け、しかも負けてるし…。負けた試合は配置ミスが響いたプレイが多く、そのまま負けに直結してしまいました。ビート相手にはしっかり列除去で大きくアドバンテージを得つつ太い打線とヘリオスで圧殺しきれました。
 相手のプレミを拾ってギリギリって場面も多々あったので、ますます精進しないといけないなーと思い知らされました。
 優勝は蒲腐さんのペナルティみなとでした。3-1は関東からミサキー、クロネコ、えってぃ、関西からロブさん、九州勢からしろつばさん、と関東勢が大暴れでしたね。関東で大型大会開催の際は防衛戦になるのですね分かりました。

 フェスタ終了後にはサイドイベントのニトロ単王者決定戦とキューブドラフト。僕は総勢12人の大キューブドラフト大会に参戦。川崎や秋葉でよくやるパワーキューブとは異なり、かなり抑え目なプールでの難しいキューブでした。6人卓2つに分かれてドラフトと対戦をおこないました。
 ドラフトではファーストピックの夏海唯(ダイダロス)を軸にした日宙を集め、競合相手が少なかったようでスムーズに構築できました。
 初戦は花日でアタッカーを2枚立ててリリアン先生で打点をしっかり通せる盤面になっていたけど、打点差はトントンで試合が進み、終盤にコストが枯渇してキャラ追加できなくなり、相手のタップスペルでリリアン先生がフィズって一気に殴られて敗北。
 2戦目は5色グッドスタッフで相手の初手に並んだファッティに追いつけず、打点差をみるみる離されて相手の盤面6体でこちら3体のところで投了。
 ここで階段崩れて終了し、各卓のトップ同士で決勝戦をやりました。決勝戦は先攻の全力ブッパの返しにゲムセ決めた後攻ミサキーの優勝。実質1分弱での決着w 手に汗握る熱い試合でしたね(棒
 現在作成中のコアンコキューブに活かせるパワーバランスだったと思います。
 ニトロ王者決定戦は5本先取の熱い連戦の果てに蒲腐さんが優勝し、見事に二冠を決めました。かっこいー!僕はキューブの方で忙しかったのでどれほどの猛者たちが凌ぎを削っていたのかは想像もつきませんね(

 そんなこんなでフェスタは大盛り上がりで恒例のじゃんけん大会もヒートアップし、盛況の内に幕を下ろしました。その後は熊本城下街にて打ち上げをおこない、更に二次会に分かれて徹カラへ。
 もちろんカラオケでもリセ。歌い疲れてきたころで僕が持ち込んだ「コヨーテ」というパーティーカードゲームで遊びました。このゲームは、各プレイヤーは自分以外のプレイヤーが見えるように数字の書かれたカードを持ち、全てのカードに書いてある数字の総和がいくつになるかを推測してその数を超えないように数字を宣言しあい、前のプレイヤーが宣言した数が総和を超えていると思った時に「コヨーテ」と宣言してその結果次第で勝敗をつけるゲームです。説明だけでは分からないでしょうが、単純ながらも実に深い読み合いを必要とする楽しいゲームで、1ゲームが短くてサクサク遊べてしまい、大盛り上がりでした。その場にいたプレイヤーしか面白さは共有できないですが、大爆笑の連続でした。前述の人狼と同様に大会のサイドイベントとしても楽しめるゲームだと思います。

 僕のリセ初遠征はこんな感じ。関東勢やらかし三銃士(チケット取り違えのM、飛行機乗り遅れのK、財布を宿に置き忘れのU)の一人に名を連ねてしまったりもしましたが、とても楽しい旅でした。今後も定期的にリセ合宿や個人主催大会が計画されるそうです。生涯の娯楽としてこれからも楽しく遊んでいきたいと改めて思いました。
 最後に、今回の熊本フェスタを企画し震災に遭い復興の最中の厳しい状況でも開催運営にあたって下さった九州勢の皆さん、遠方から訪れて大会と合宿を盛り上げた皆さん、僕には不慣れだった遠征をサポートしてくれた皆さん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

 あと、合宿の宴会でも言いましたが、オリカのアイデアは引き続き募集中です。環境を動かせるようにしたいと思ってます!

2016-07-01

週刊リセ! 絵師単の話とかとか

 今回は突如表出した話題に追いつけず、とにかく筆を執った次第です(言い訳)
 えんぴつ杯告知ありましたね!今回は記念すべき第10回ということで2部構成での開催、その内の一方は絵師単構築戦だとか。けっこう色んな人が組んでる印象ありますが、実のところ絵師単所持率ってどんなもんなんでしょうね。
 ぼくは森崎くるみ単を含め3つ持ってるんですが、限築登場以降はほとんど触ってないため、最初から紙束だったのに輪をかけて紙束です。取り出してみてびっくりしましたw
 弾を重ねて、後半はJSPやプロモでプールが増えているので改めて煮詰めてみれば新発見や強化、再浮上してくるデッキが見られると思います。そこも楽しみですね。
 そしてそろそろ準備しないといけないのが熊本フェスタ&リセ合宿。関東からも続々と参戦表明が出ており、ご当地の方々や他地域からのエントリーも伸びてるみたいです。併催のニトロ王者決定戦は参加するか未定ですが、キューブ大会の方もあるし盛り上がりそうです。
 さらに今月第1週と最終週には秋葉原ホビステでリセ大会も開催されるそうです。アクセスしやすいとこで大会あるのはやっぱりアド。
 7月はイベント盛りだくさんの、サービス終了以降で最もリセ密度の濃い夏になりそうです。

 最近は川崎にもちょくちょく参戦して準レギュラーの座を狙ってます。うさだでしたノシ