2016-09-30

週刊リセ! きょうのいちまい!

 シャドバの新弾出たけど、リセモチベが息を吹き返してきたので、再開です!

 久々のカード考察です。それというのも、ここ最近とあるデッキのとあるカードへの対策に苦慮しており、その中で対抗策として候補にあがったカードがいくつかありました。採用の如何については自分自身大分あやしいと感じていますが、おもしろいカードを見つけたので取り上げてみた次第です。

フラッシュバック

 心を締め付けるようなイラストが目をひく、雪の軽量除去イベントです。自分の消費が軽いってだけで相手キャラを破棄した返しが恐いんですけどね…。やはり除去としてではなく、コンボカードとしての運用がメインです。
 有名どころとしては伊烏フラバですね。伊烏と相手AFキャラを交換して相手の場に移った伊烏にフラッシュバック撃つことで2ハンド効率で相手キャラを奪えます。なぜか自分が使用すると思ったほど強く感じなくて、使われるととても脅威となるコンボの筆頭なんじゃないか、とか。
 他には月と組ませて情報ネットワークしたり、花と組ませて天罰ビームしたり、ってところでしょう。あと、緋色杯特別レギュのシンボル1色のみ限定構築戦ではアオイと組ませてものすごいバーンを飛ばして遊んでました。
 、といった感じに限られた状況下でしか運用できない汎用性の低いカードですが、受動的な運用として相手に奪取された自分のキャラに使用するという使用方法を見出しました。偉そうに書いてますが、このカードのコンセプトはそもそも奪取メタにあったのだと思います。
 奪取月単(最近は見当たらないですが)をはじめ、一部の限定構築など、コントロールを奪うカードはコスト要求が重いのでそれをこのカードで返せるとぐっと有利になりますね。
 何とは明言しませんが、某オリカ製造カードに寝取られたキャラに真のご主人様は誰かをフラッシュバックさせてあげたい今日この頃です。

 …ではまたノシ
スポンサーサイト

2016-09-02

週刊リセ! 日宙t役満

 先週は記事を書いて満足して掲載してませんでした(ぁ
 今回はロマンとも電波ともつかない妙なデッキの紹介です。受信感度が低めで尖りきれてないし、いつもどおりやりたいことを詰め込みすぎてて微妙な仕上がりになってしまいました。
 それがこちら↓


 不断の祈り×1
 プロイ・フラットスナーク×1


 活人形×2
 ナナカマド×1
 巫女のみ焼き×3


 デュエル×1
 ハーモニカ×2


 蒼崎 青子(魔弾)×4
 シルヴィア=ファン・ホッセン(剣の誇り)×4
 遊佐 胡桃(素直になれないツンデレ娘)×4
 激辛殺人地獄パフェ×4
 魔弾×4
 ストレス発散×3


 比良賀 輝×4
 皆川 翠×4
 神尾 観鈴(夏休み)×4
 海老塚 信乃(鉄拳制裁)×4
 焼却×3
 電柱×1
 白玉×1
 最終秘密兵器ネコナイト×1


 人力車×1
 まなみペンシル×1


 役満×2

 出発点は「役満をキメてドヤ顔したい」というところから。
 基本は比良賀始点で胡桃で手札を回しつつ役満の体制を整える、というのがメインギミックです。イベントの方も使ってフルに魔弾を打ち込む動きを始め、フラスナ、シルヴィア、巫女のみ焼きなどアイテムとの親和性の高いカードを多く採用しています。役満までに日宙アイテムの動きで立ち回り、役満からきっちりフィニッシュを決められるように動きます。
 ピン差しのカードが多いですが、豊富なアクセス手段でコストとして切ったり打点で落ちても触れるような構築にしてあります。
 序盤はドロソと打点源を立たせて安定した供給体制を作ることに注力します。比良賀と胡桃が並べば割とどうとでもなります。
 場が整った中盤からはAFを充実させて役満からの大打点を狙えるように展開していきます。間接打点も押し込める青子、手札を賄えるシルヴィア、翠などAFキャラは補助的なアクションも同時にこなせる優秀なところを採用しています。
 終盤、というか役満を最大効率で使用できるようになったら一気に動きます。AFに立てるキャラはAPが高くダウンしにくいスペックに寄せてあり、後ろからSP利かせてしっかり一方的に落としていきましょう。役満を使用すれば即座にリカバリできるので素サポ余裕です。

 最後に、役満を撃たなくても魔弾と素の打点でオーバーキルじゃね? というのは考えないでください。
 …という訳で、久々に妙なギミック搭載のデッキ紹介でした。「俺の方が役満をきれいに使えるぜ!」って方がいたらかかってきてください。誰の挑戦でも受けます。

 最近はめっきりリセしてないので、隙を見て川崎やらいきたいですなぁ…(´・ω・`) なんか9月にはリセイベントあるって聞いてたような気がするんじゃが…
 モチベを持て余しているうさだです。ノシ