--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-18

週刊リセ! LOt騎士王アルトリアの所感なんぞ

 Lycee Overtureのサンプルカードとルール変更点が発表されましたね。今回はそこから読み取ったことなんかをまとめます。

騎士王アルトリア
( @lyceeoverture Lyceeoverture公式より拝借)

 カードをパッと見た感じ、イラストの範囲を大きく確保したことやフレーバーテキストがついたことで、コレクションとしても楽しめる側面が強まったように思います。背景も空と雲だったのが青のグラデーションに変わっています。レアリティや属性なんかで差があったりするんでしょうか? 単に青や白黒など抑え目の色でキャラを引き立たせるというデザインかもしれませんが。
 いままで雲と雷だった「宙」のイメージが宇宙を想起させる土星のマークに変わった点も分かりやすさの追求の一端でしょう。
 公式絵と描き下ろしを両方使用するということらしく、フルオフィになる前のLyceeの楽しみ方も戻ってくるので大歓迎です!

 テキストの表記方が刷新されていますね。おそらく「誘発」「常時」「宣言」といったようにカテゴライズされるのでしょう。特に明記されているわけではないですが、特殊能力は原則ターン1回処理で統一されるんですかね? 単純にこの能力に回数制限がないだけなのかもしれませんけれども…。
 従来は「このキャラの攻撃宣言時、~。」あるいは「このキャラをバトル参加キャラに指定したとき、~。」といった表記だったのに対し、字数を絞ったシンプルで分かりやすい表記になっています。これは好き嫌い分かれそうですね。
 基本能力や能力のコストの表記が無いカードなので、その辺の情報の載せ方も気になります。デザインの方向性的には特殊能力の枠の上辺りに基本能力を個別の枠をとって並べていくんじゃないかと思います。
 このままだとスペース足りなさそうに見えるんですが、コストや特殊能力の文字数の増減に対応してそれぞれの枠のサイズも変化させていくんでしょうか?

 けっこう気になるポイントとしては同名キャラの配置制限です。Fate/Grandorderにはアルトリアやクーフーリンなどクラスが違ったりイフの姿だったりで同じキャラが登場しますが、そのあたりはどうなるんだろうとか。サンプルのアルトリアさんには名前の上部に「騎士王」という表記があるので、おそらくここの表記で別キャラとして扱うということになるんでしょう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 ルールでは大きく2点の変更がありました。
 「配置場所制限の解除」については、それ込みで展開を考えたり相手の動きを予想したりと戦略の一部であったことが楽しめる要素でもあったので、今の段階では些か疑問符の浮かぶ調整だと感じています。「ストレス発散」や「限定解除」、「イーリス」といったコンセプトもなくなるわけですしね。

 「『ダメージ値』の追加」については、触ってみるまでどうなるか分からないですが面白い追加要素だと思います。DuelPortalの取材でも触れられている通り、キャラ毎の役割が明確になって戦術の立て方や立ち回りなどに深みが出ると思います。この追加要素によって[ボーナス]と[デッキ・ボーナス]の扱いがどう変わるかも気になります。


 …と、おおまかに感じたのはこんなところですね。
 あとは「サンプルだとしてもアルトリアさんの能力物足りなくないか」とか感じたこともありますが、おそらくFGOはSPを下げることにメリットのあるコンセプトデッキなんだ、と勝手に解釈して飲み下しました。他に文句が無いわけではありませんがここでは割愛。何をともあれ楽しみにしています!
 体験会も続々と開催店舗が名乗りを上げてきているし否応なくテンションも上がるというものです。新規の方を暖かく迎えていく姿勢で体験会に臨みます。

 SNSなどでも話題になっていますが、Lycee Overetureの略称はどうなるんでしょうかね? 今回は便宜上LOtとしましたが、会話で「えるおーてぃー」はなんだかもっさりしてるし、「新リセ」「旧リセ」という呼び方もなんかイヤだし、「リセネグザ」はイメージも相まって使いたくないですし。
 内輪ではLycee Overtureを拾って「リセおつ」(「リセ乙」ではない)って呼んでますが、今のところ一番しっくりくる呼称になっています。これ以上にマッチする呼び方が浸透するまでは「リセおつ」で通します、よろしくね。

 …ってな感じで、ノシ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。