2017-05-16

リセオープン2017.5/14 レポ

「数えた足跡など 気付けば数字でしか無い 知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間」
  BUMP OF CHICKEN 「カルマ」歌詞中より引用


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 肩やら手首やら頭やら痛い圧倒的バッドコンディションでしたが、リセおつオープンに参加してきました。

 前日までデッキ選択は悩んでましたが、長丁場を勝ちきれる安定性、それにようやく馴染んできたプレイングを信じて宙をチョイスしました。デッキレシピはこれのヘラクレスとランスロットを1枚ずつカルデアスに変えたもの。

・リセオープン第2予選
 第1試合 宙 先攻 マリガン ○
 序盤から2面で打点を稼いで、等価以上の相打ちを押し付けながら進行。相手の展開が噛み合わない内に並べて圧殺しました。相手のAP止めをカルデア戦闘服で突破したりカルデアスでの穴あけが功を奏しました。

 第2試合 日 先攻 マリガン ×
 こちらのAF1面を玉藻の前、マタハリ、PネロでSP止めで返され、反撃にヘラクレス着地。さらにキャット追加されたりして10点くらいで2ターンほど殴り合う。キャットに呂布を合わせた返しにRドレイク置かれて、なぜか躊躇なくキャットと相打ちしてしまい打点差がひらいてしまう。カルデアス撃ったり毎ターンチャンプして誤魔化してたけど、相手が令呪か日向ぼっこ引いたら負け、という局面できっちり引かれました。途中、打点を優先しないでAFキャラを下げてればワンチャンあったかもしれないかな、とかとか。

 予選脱落して裏オープンへ。

・裏オープン第2
 第1試合 宙 先攻 キープ ○
 スカサハ、SRアルトリアを抱えてのレオニダス、P沖田という良い展開(勝利を確信)だが、両面ともAP止めされて厳しい盤面にされました。返しにSRアルトリアを置いて打点差を押さえ、しばらくゆっくり進行。相手のヴラドを呂布連投で2ターン止めて、一度カルデアスするも再度登場。厳しいながらもRアルトリアで止めようとしたら相手が2ドローでヴラド2枚引いて投了もらいました。

 第2試合 日 先攻 マリガン ○
 アルトリアリリィ単騎エンドという弱い滑り出しに、ネロと金時だったかな。辛さしかなかったけど、沖田、スパルタクスでネロを止めてAFにスカサハ。即座にダレイオスで止められるも、2ターンくらいAFの追加がなかったので打点優勢で進行し玉藻の前のSP込みでネロと沖田が相打ち。その後は中盤のリードをチャンプブロックで保って最後はカルデアスで穴開けてP沖田で滑り込んで勝利。

 第3試合 宙 後攻 マリガン ×
 レオニダス、アルトリアリリィのスタートを両方ともAP止めされ、更にヘラクレスまで置かれて悶絶。相打ちからAFを立て直しても次のターンからAP止めを合され続けてジリ貧になりました。何とか物量で追いすがるも、ヘラクレスに令呪で押しつぶされて負け。

 …ということで、予選1勝、裏2勝と不本意な結果でした。ちなみに、バトラでも負けっぱなしです。予想していた通り、日と宙がひしめく環境だったのでメタ読みがあたっていただけに悔しさも一塩です。
 前日に調整してヘラクレス、ランスロットを減らしてカルデアスをガン積みしたのですが、撃ちたいタイミングで握れなかったりコストフィズったりしたし、減らした2キャラが欲しかった場面が多かったりなど裏目りがちでした。それでも結局この構築で間違ってなかったと思っています。

 カルデアス増量の理由としては、4月半ばまでの僕の構築にはカルデアスは0だったのですが、2積みした最初の大会で優勝し、同日開催の大会でも優勝できた、という明白な結果が表れたことで一気に信頼できるカードとなりました(遅い)。このカードを撃つことによって0点が3点に、3点が0点になる、というEX0を許容して余りある魅力を感じますね。令呪ならEX1あって攻める時にはほぼ等価の役割があるのですが、打点を減らしたり相手の計算を狂わせたりという点で、今回の構築ではカルデアスに軍配が上がりました。結局、EX1有ろうが無かろうが握ったら撃つという観点なら関係ないですしね。
 このカードを入れたことで公認大会で優勝できたし、オープンでも勝てたと(負けたとも)思っているので自信がついた一因であるのは間違いないですね。ブレブレ環境でも活躍してほしいです。

 さて次は福岡ですね。リセ存命時には結局遠征しなかったので、今回の遠征は非常に楽しみです。
 …って感じで、ではまたノシ
スポンサーサイト