--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-06-09

リセフェスタ東京れぽれぽ

 ポイントください(連投
 福岡に続き、リセフェスタ東京にも参加してきました。綾瀬での開催ということで遠征の時とは違う、「帰ってきたな」という昂揚感がありました。浅草橋に次いで懐かしのホームって感じですね。安心感が違います。
 今回は事前調整の時間がほとんど取れず、数回スカリセする程度しか触れるタイミングがありませんでした。結局、その数回でも良い感触がつかめなかったので、前日に1人で調整して壁打ちもそこそこに仕上げたデッキで臨むことに。

リセフェスタ東京 使用デッキ:雪tグラーシーザ
 福岡でのバトラで勝率が良かったこと、調子が上振れした時の全能感からこのチョイス。なんだかんだ使ってる内に前回の月単と並ぶぐらい好みの動きをするデッキです。

・不戦勝 先・キープ
 ミストルテイン×グラーシーザスタートで開幕あいさつ決める。さらに主人公追加して勝ちを確信。…だけど対戦相手いねーんだよなぁ!? 169人もいて初戦不戦勝とかいう稀有な経験をしました。一応、サイコロで先攻後攻を決め、仮想敵として宙単を据えて時間いっぱい正々堂々勝負しました。上記の展開の返しにアルテラ、SRアルトリア、呂布で固められるという最悪の返し、その後の相手のドローが常に噛み合う想定でシャドーを打っていた結果、多分負けました。

・日単 後・マリガン
 SRネロ、Pドレイクにミス×グラ揃えて、ドレイク対面にセスタスという絶好の返しができました。Pドレイクがサイドステップ、更にミストルテイン対面にRドレイク置かれていきなり形勢不利になりました。その後はRマシュ(フォウのお世話係)やハサン先生で攻め手を往なしながらギリギリの進行を続けていましたが、盤面を埋めてからグラーシーザでアタックしてしまい、ネロが能力で移動してキャッチからドレイク能力込みで相打ちになり打点源を失い、そのままジリ貧で負け。

・宙単 先・キープ
 アヴァロン、デュエルでスタートしてアルテラ、SRアルトリア、ばよので返されました。1ターン殴れず、手札を整えてから荊軻ダイブ連投して打点差を埋めながら進行しました。風魔手裏剣、マシュで相手のスカサハを止めるなど形成有利で殴り合い、最後はデュエルでアグレッシブ、風魔手裏剣の能力で詰めきって勝ち。最終的に先攻分のデッキ差しかなかったので2枚目の風魔手裏剣間に合ってなかったら負けてた試合でした。

・月単 後・マリガン
 ロンギヌス・カース、クーフーリン(プロトタイプ)に対しアヴァロン、ミストルテイン、ふーまんで正面から殴り合うプランで返しましたが、アヴァロンをモルガンで止められて形勢不利に。1ターン耐えて女勇者マーガレット×サタニアをエンゲージ登場から除去能力持ちのキャラにつないでカースを除去しようとしたところ、踏もうとしていた風魔手裏剣とアヴァロンを黄金劇場で入れえかえられました。それでもベローナでカースを破棄して、あとはAP止めを合せ続けて除去を挟んだりして打点優勢で勝ち。

・月単 先・キープ
 ミストルテイン、荊軻をマビノギオン、シェイクスピア、ロビン・フッド、ミーティアで返されました。荊軻でマビノギオン除去して荊軻おかわり。盤面固くて通せるラインが無かったけど、相手の打点もずっと細かったので手札を整えながら耐えました。グラーシーザ出してからは形勢有利で2ターンほど殴りあい、相手のAFに除去を打って一方的に攻撃を通していって勝ち。

・雪単 先・キープ
 アヴァロン、荊軻でアグレッシブアタックという好調そうなスタートでしたが、相手の返しもアヴァロン、デュエルした上に荊軻とかいう最強の返しをされました。こちらの初動でアヴァロンに荊軻ダイブ、相手の荊軻をもちひつじで回避して2ターンほどトップドローだけで進行。アヴァロンの分だけこちらが優勢でしたが相手のミョルニルが稼ぐダメージ分でじわじわ詰められていき、トントンな状況になりました。終盤、AP止めされていた主人公をマーガレット×サタニアで踏んでアグレッシブ風魔手裏剣で詰めようとしたところ、主人公のドローでグラーシーザを引いてしまい、展開できず。その後のターンでアヴァロンに身代金誘拐事件ごっこを撃たれ、こちらのAFは全て止められている状況になったので負け。この時はパニクってて思い至りませんでしたが、マーガレット×サタニア能力で主人公を出していたら違った結果になったのではないか、とも思いました。

・日単 先・キープ
 アヴァロン、デュエルでスタートし、ジャンヌ、リーゼで相打ち止めの返し。こちらは風魔手裏剣追加してゆっくり殴り合い、アタッカーにAP止めを合わせて進行しました。中盤にミストルテインとミョルニルを出してアグレッシブと除去で形勢有利に。最後はDF除去して打点を通し、風魔手裏剣込みで削りきって勝ち。移動型っぽかったけど動けるキャラが軒並み落ちていったので持ち味を生かしきれなかった模様でした。

 というわけで、対人4-2の5-2という結果でした。リセ公式大会から数えても2敗ラインは初めてなので、うれしいです。もっと精進して壇上目指すぞ。
 機会を設けて使用したデッキについてもっと語りたいところです。

 大会後は蒲腐さんが呼びかけた大規模打ち上げで許容量をはるかにオーバーした揚げ物を摂取しつつ楽しくリセラーとの親睦を深めました。プニキ、幹事お疲れ様でした、楽しかったです。

 公式からの発表が早く、次の予定もぼんやり定まってきたのでモチベーション維持しつつレベルアップしていきたいです。
 …ではまたノシ。
スポンサーサイト

2017-06-06

リセフェスタ福岡れぽれぽ

ポイントください(直球
 Lycee存命時には公式大会で遠征することはなかったので、実質初遠征ということで期待も大きく参加してきました。

 前置きはそこそこにレポートです。

リセフェスタ福岡 使用デッキ:月単
 原作で好きなキャラが多く、デッキの動きもポンポンポンとテンポよく回り、何よりも使用してて楽しかったのでこのチョイスです。けっこう分からん殺しを狙えそう、というのも一因。

・vs雪単 先攻・マリガン
 引き直した結果が渋くてロンゴミアント、ミーティアでスタート。ベローナ、セスタス、ラストリゾート×デュエルで返されて、DFを固めてキーカードを引き込むまで耐える進行に。無事にバルムンク引いたのでそこからはエンゲージをグルグルさせて相手の引きが振るわない内に削っておいて最後は穴あけからロンギヌスでステップして詰め。

・vs宙単 後・マリガン
 相手の初手が魔剣グラム、ペルーンで、ペルーンをDP止めしてAFに三日月宗近という返し。宗近にSRアルトリアを合わせられ、2ターンくらい一方的に殴られる状況になりました。バルムンクやリヴァイアサンが揃ったころには22:40くらい差がついてて、盤面優勢で追いすがるも詰め切れず、最後はペルーンからDFのキャラが上がってきてダメ押しを食らって負け。

・vs宙単 後・キープ
 ヘラクレス、レオニダスという展開をハンド全投げしてクトネシリカ→バルムンクで止める返し。その後はAP止め合わされてバルムンクだけは通すように無理くり打点レースを続けたけれど、魔剣グラム置かれて打点差を引き離され、圧敗。


 ここでドロップしてバトラへ。そのまま月単で挑むも、宙と雪ばかり踏んで早々に3連敗したので、バトラ用に組んできた雪日に変えてみたら急に勝てるようになりました。けっこう雑に組んだ割に、雪のカードパワーに助けられましたね。


 今回は慣れない遠征でしたが、蒲腐さんに同行してもらえたおかげで旅程はスムーズだったし夜中まで対戦に付き合ってもらえて、と快適な旅路でした。蒲腐さんありがとうございました。
 メタが定まっておらず、対戦経験も少ないままの参戦だったので「やりたいことをする」ためのデッキ選択でしたが、構築もプレイングも甘いままだったので納得はいかないけど納得の結果でしたね。
 深夜販売後の大会、発売記念大会、フリープレイなどを通してそこそこ勝てていただけに悔しさはありますが、今後の構築や大会に向けていい刺激になった遠征でした。
 今後も年2回くらいのペースで遠征したいなあ、とかとか。

 参加したみなさん、お疲れ様でした。入賞された方々、おめでとうございます! …ではまたノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。