2017-09-22

最近のお気に入りデッキ

 「Ver.ガールズ&パンツァー戦車道大作戦! 1.0」発売からもうすぐ一か月。備忘録も兼ねてここ最近使ってるデッキの紹介&考察なんぞします。今はどのデッキを組んでも使ってもとても楽しいので試行錯誤が捗りますね。そんな中でも最近のお気に入りは「大学選抜」と「聖グロリアーナ」、「プラウダ」をそれぞれ軸としたデッキです。(「アンツィオ」は出張カードが多くてなんかモニョる)
 今回は上に挙げたデッキの中でも特に多用している「大学選抜」についてピックアップします。

大隊長ありす

 今使ってるのはこんな感じのデッキ。「大学選抜」タイプを全投入し、中心たる「島田 愛里寿」を多く擁する雪をメインカラーにすえた構築です。
 基本的な立ち回りは、大隊長愛里寿を中心にスペックアップさせたキャラで通して止める、という分かりやすいもの。AFは愛里寿で埋めるか愛里寿2人+4コストアズミ、DFは中央に島田流愛里寿で脇を固めるといったように展開します。大隊長を初めとして愛里寿は粒ぞろいなので並べて幸せになりつつ盤面を取っていきましょう。
 Uルミの能力で動かせて配置に自由が利くので、登場はDFスタートして相手の攻撃を止めてから前に上がって殴るという宙の基本戦術めいた動きができるのもコンセプトに合致しています。フルサポートされてダウンしたとしてもボコで回収できることもあるので相手の攻め手を牽制できます。
 総じてバトルにおいては宙単や花単にも引けを取らない性能がこのデッキの持ち味ですね。
 更に今回の構築では大洗をタッチすることで戦術面、コスト面が噛み合う宇津木、カエサルを活かすことができます。小型キャラの展開が鈍い大学選抜を補える2ハンドキャラなのもマッチしていて、突破が難しかったり打点負けしていても除去で返せるようになっています。
 気を付けるポイントとして、アタッカーとなる愛里寿はダウンしにくく滑り込みからの波状攻撃など打点をねじ込む手段がないことや、固まった盤面で延々チャンプブロックを立てられて天才少女愛里寿の自傷分を取り返せないことが挙げられます。なので、序盤からしっかり攻撃を通していくことを心がけましょう。

 よくあたるデッキとのマッチアップは体感では…
宙単 5:5
花単 4:6
日単 3:7
大洗 6:4
プラウダ 5:5
 …、ですかね。
 発売記念大会での対戦経験が一番多いのでミックスとの相性差はけっこう未知数ですが、日単はとても厳しい印象です。メグミ→大隊長のムーブが毎試合できてるわけではないので平たく見れば大体のデッキに対して微不利かな、と思います。もっと対戦経験積みたい!

 大学選抜は各色にキャラが散っていて、どのカラーを軸にするかによって大きく構築もプレイングも変わってくるデッキです。ミックスであれば雪に寄せるにしてもミストルテイン&グラーシーザやSRマシュ、風魔手裏剣など高相性のキャラが多く、立ち回りの幅が広がります。日を軸にするならUルミと相性の良いSRアンチョビや2ハンドDMG3キャラのぶつけ合いをしつつ止まらない愛里寿でしっかり刻んでいく、月や花ならがっちり堅めてこちらは一方的に押し込んでいく、といった具合ですかね?

 、といった感じで、大学選抜デッキのざっとした所感、解説でした。ではまた
スポンサーサイト

2017-09-05

2017 9/2 リセフェスタ東京れぽれぽ

 深夜販売から2日。長かったような短かったような試行錯誤期間を経てついにフェスタ当日!電車の乗り継ぎミスなどドタバタがあったもののギリギリエントリーには間に合いました(ぁ
 今環境最初のフェスタは一番お気に入りのアンツィオ校軸を遣おうとは発売前から考えていたので、そこを中心に前日夜遅くまで、朝も早くから微調整をして臨みました。それがこちら↓(画像はついったから)

  ほぼ日単アンツィオ

 前置きはこんなもので、簡潔にレポートです。

月単 先攻マリガン
 初手に出せるAFキャラが姐さんアンチョビ(LO‐0386)のみというあんまりな滑り出し。バルムンク、SRジャンヌで返されたのでジャンヌにSRみほを合わせてお茶を濁すことに。しばらくアタッカーを追加できず、ようやく2面置けたぐらいでオボロ、メディアリリィと並んでどこも止められない盤面にされ、その後もごまかしながら追いすがったけれどワンチャンあと一歩のところでバルムンク能力で詰められて負けました。

サンダース大洗混合ビート 後攻キープ
 SR優花里、RナオミをSRネロ、アンツィオ高校アンチョビ(LO‐0387)で返し、2~3ターンほど若干打点負けしたままガード薄目に殴り合いました。総帥アンチョビ(LO‐0287)を立てられてからは有利に進行し、相手の盤面が埋まって打点を通しにくくなったところ連続でチャンプブロックで凌いで、最終ターンに相手が相打ち滑り込みで打点を伸ばしてきたら負け、という局面になったものの手札が噛み合わなかったらしく辛くも勝てました。

ブレブレ雪単 先攻キープ
 アンツィオ高校チョビ、カチコミペパロニ(LO‐0369)スタートをミストルテイン&グラーシーザという強い返しをされました。ミストルテインに姐さんチョビを合わせて様子を見るも、断罪されてデュエルちゃんまで追加され、こちらのドローも噛み合わず数ターン不利な進行。なんとか相打ちなどで盤面では優位に立ったものの、ミストルテインで着実に手札を蓄えられ、身代金誘拐事件ごっこ対応投了。

月単 後攻キープ
 Cミカ、クトネシリカをPネロ、カチコミペパロニ、アンツィオの流儀アンチョビ(LO‐0432)で返しました。オボロ追加されてこのターンの打点を止められなかったけれど、次のドローで総帥アンチョビ着地して打点加速したり、相打ち合わせたりしながら一方的に叩き込んで有利進行を続けてそのまま勝ちました。

大学選抜 後攻キープ
 踏み倒しメグミから大隊長愛里寿とつなげられて、SRネロ、カチコミペパロニ、流儀チョビというブッパで返しました。DF固められてこっちのキャラの展開も遅れ、かなり不利な状況が数ターン続きました。動揺していたのか配置と移動をミスってしまい、そのまま捲れずに圧倒的に負けました。

 ここでドロップしてバトラへ。
 初戦でプラウダを持ち出し、勝てたけど時間かかりすぎるということで以降は速度特化の知波単で参戦し、日単、ミラー、宙単と連勝。その後は花や月なんかにフルボッコに遭いこのデッキの限界を悟りました。


 総評としては新環境らしい色々なデッキを見られてとても参考になりました。気付かなかったシナジーやFGO、ブレブレのカードの活躍など、新しいデッキの構築における刺激も多く得られて有意義な1日でした。結局、本戦でもバトラでも特に警戒して調整と試し打ちに時間を割いた宙単、大洗単には全く遭遇せず、多少肩すかしを食らった気分もありましたが前述の通り多様なデッキと対戦し立ち回りの幅を広げられたように思います。
 実感でも、戦績を見た感じでも前弾の雪一強環境に比べ、どのデッキでも勝ちうる面白い環境になったと感じました。
しばらくはアンツィオをしっかり理解し勝てるように精進するとともに、色々なデッキを組んで回して弄りまくって遊んでみたいと思います。…2か月ほどでFGO2.0ですが、ね。
 時間とれたら今回のデッキについてのアレコレも記事にまとめたいと思います。

 …ではまたノシ