--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-10-28

週刊リセ! オリカデッキ~セイバーウォーズ~part2

まず最初に
 ・これらのカードは自分、または身内で遊ぶためだけに使用するオリジナルカードです。
 ・商業利用は一切しません。
 ・素材画像はTYPE-MOON様、DELiGHTWORKSより拝借しています。
 ・転載しないでください。
 ・親告、被親告があった場合にはただちに削除します。

 僕たちのリセが「Lycee Overture」になって帰ってきますね!
 復活に際してFGOを引っ提げてくるとのことで、今の内にセイバーウォーズのオリカを紹介しておきます。
 一回目の紹介のと追加分を含めて16種類作成してますが、更にその一部がこんな感じ↓

赤セイバー
 まずは通常構築でも使用できるネロちゃま。キャラ全ての能力値修正をリセットした上で相手キャラのスペックを下げるという、バトルが有利になる能力です。バトル性能を高めたコンセプトに合致したテキストに仕上がっていると思います。

ライダーオルタ
 続いてドロソのサンタオルタさん。単身で1枚引ける能力も十分な性能ですが、「アルトリアの星」で展開した後なら2枚ずつ補充できるようになります。効率のいい還元先がないので供給過多になりがちですが、戦線を支えられるようにと考えてデザインしました。

赤のセイバー
 次はモーさん。キャラにつき1回で状況を選びますが、人格投射のような重めのバーンを飛ばせます。こちらも通常でも構築次第で運用できるテキストにしてあります。

ランサーオルタ
 次は乳上。制限はつけてないけど実質限築キャラですね。登場時に「セイバー」が並んでいれば列除去を入れられます。V配置とオダステといういい具合に使い勝手を縛れてて効率よく能力を発揮できない感じでデザインできました。

アルトリウム
 締めはアホ毛。コントロールへの対抗策としてあってほしい性能を付与しつつ、「セイバー」名称を付与できるアイテムです。「セイバー」になることで「ヒロインX」の効果対象を拡大し、除去としても使用できるようにしました。


 こんな感じで、今後もつなぎに紹介していこうと思ってます。
 自分で練っているときにも感じていたのですが、FGOでLyceeしようとすると、サーヴァントクラスをそのままキャラ名にすると登場制限の関係でものすごく不自由になっちゃうんですが、真名さらすのもどうなんでしょうかね?ここはOvertureでの実際のデザインがどうなるのか楽しみなポイントです。
 今からワクワクが止まりません。うさだでした。ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。