--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-03-17

フェスタで使ったデッキ

 すでにレポートはあげたので、こっちは反省とメモ程度。

 フェスタまでの店舗大会や内輪での事前調査で花絡みと日が多かったのでその辺に対してそこそこ有利がつくこと、先攻後攻差をスペックとオーダーステップで返せる優位性なんかを加味して宙単をチョイスして調整を続けてました。(一時はt月の型なんかも試してましたがそちらは断念)

工房宙単トリミング


 結局、行きついたのがこんな構築↑(公式HPから)
 前日、秋葉原で最終形まで整えた時は花、日には6~7割取れてて宙はちょっとキツい、といった具合。
 基本的には高APを合わせまくって打点止めし令呪で捲られないように展開して、AF2体くらいでしっかり刻みながらハンド差で圧倒していくという構想のデッキです。調整してて一番きつかったのが日の滑り込みからの令呪だったので気持ちカルデアスで対策した程度。(もう一枚くらい枠を作りたかったなとか)
 令呪不採用なのはSRアルトリアでハンドを抱えにくいことや、追加打点の期待値が3点ということでただでさえカツカツのEX1枠を割くのを嫌ったが故です。

 対日はAFに高DPのアタッカーを並べて押していってDFはひたすら相打ち、もしくは一方落ちを意識した立ち回りで。
 対花についても日と同様ですが、なるべくRアルトリアを起点とした攻め方を意識します。
 対宙はヴラド、ヘラクレスに対して圧倒的に不利がつきます。ヴラドだけだったら延々チャンパーを湧かせ続けて打点を削いでいけるのでワンチャン、両方だったら諦める、っていうノーマークっぷり。
 対月・雪はAFを大事にしながら殴ってればなんとかなるやろ、ぐらいの認識でした。実際当たらなかったのでなんとも言えませんが。

 前日までは令呪>>>カルデアス、ってくらいの環境だったので、工房型には追い風ではないかと踏んでいたのですが、当日は本戦、バトラ合わせて5~6発は撃たれましたね。とんだ見込み違いでした。レポートにも書いたように超向かい風な環境だったので、デッキ選択は最悪でしたね。
 とは言え、初戦の日単との試合ではそこそこ構想通りの展開が出来ていたので、構築の方向性としては間違っていなかったと思います。ただ、搭載枚数の選定なんかでは調整不足、スキル不足が露呈しています。
 キャラの再選定、カルデアスの枚数増など、見えてきた改善点を踏まえて、今後もこのデッキでがんばろうと思います。

 ではまたノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。